2016-

 

第19回理論化学討論会2016 2016年5月23日 早稲田大学

応答核を用いた水分子の分極ポテンシャル関数の開発と クラスターの構造探索への適応
山口高正,麻田俊雄,小関史朗

 

第19回理論化学討論会2016 2016年5月24日 早稲田大学

遷移元素におけるスピン軌道相互作用定数について
小関史朗,松永仁城太,麻田俊雄

 

第19回理論化学討論会2016 2016年5月24日 早稲田大学

分極を考慮した自由エネルギー成分分割法による酵素反応阻害メカニズムの解析
野中康太郎,麻田俊雄,小関史朗

 

第10回分子科学討論会2016 2016年9月13日 神戸

非断熱相互作用積分を用いた擬ヤーンテラー効果の評価
小関 史朗,豊田 東雄,村松 隆,麻田 俊雄,松永 仁城太

 

第10回分子科学討論会2016 2016年9月15日 神戸

原子エネルギーへの分割法を用いた水分子クラスター内の分子の安定性に関する理論的研究
山口高正,麻田俊雄,小関史朗

 

第10回分子科学討論会2016 2016年9月15日 神戸

自由エネルギー成分分割法を用いた酵素阻害剤の特異性に関する理論的解析
野中康太郎,麻田俊雄,小関史朗

 

・ 4th TKU-OPU Conference 2016年11月21日 台北 (招待)

Theoretical Study on Potential Function and Molecular Stability in Water Cluster

Takamasa Yamaguchi, Toshio Asada

 

・ 4th TKU-OPU Conference 2016年11月21日 台北 (招待)

Theoretical approach to analyze inhibition mechanism of enzymatic reaction

Kotaroh Nonaka, Toshio Asada

 

・ 4th TKU-OPU Conference 2016年11月21日 台北 (招待)

Free Energy Contribution Analysis for Chemical Reaction by computer simulation

Toshio Asada

 

・日本化学会第98春季年会2017 2017年3月20日 慶応義塾大学

光環化—脱水素化反応によるアルキル置換テトラチエノナフタレン
の合成とOFET 特性

久米田元紀・山本惇司・松井康哲・麻田俊雄・高木謙一郎・末永 悠・
太田英輔・大垣拓也・内藤裕義・小関史朗・池田 浩

 

・第20回理論化学討論会 2017年5月16日 京都

Li イオン二次電池の正極表面における SEI 膜形成に対する添加剤効果の理論的解析

 西川 拓哉,竹中 規雄,鈴木 雄一,金丸 未紀, 麻田 俊雄,小関 史朗,長岡 正隆

 

・第20回理論化学討論会 2017年5月16日 京都

Azides および Nitrile Imines 置換体における擬 Jahn-Teller 項の評価

小関史朗,豊田東雄,村松隆,麻田俊雄,松永仁城太

 

・第11回分子科学討論会2017 2017年9月16日 仙台

分子設計のための自由エネルギー成分分割法の適用

麻田俊雄、 小関史朗

 

・第11回分子科学討論会2017 2017年9月16日 仙台

Liイオン二次電池における正極電解液相間膜形成機構の理論的研究

 西川 拓哉,竹中 規雄,鈴木 雄一,藤江 拓哉,金丸 未紀, 麻田 俊雄,小関 史朗,長岡 正隆

 

・第11回分子科学討論会2017 2017年9月17日 仙台

最小エネルギー探索手法である nudged elastic band法における問題点とその改善に向けた研究

澤田望実、麻田俊雄、小関史朗

 

・第11回分子科学討論会2017 2017年9月17日 仙台

Adizes and Nitrile Imines: IRCに沿うエネルギー成分の変化と擬Jahn-Teller積分

小関史朗,豊田東雄,村松隆,麻田俊雄,松永仁城太

 

・The First International Conference on Automated Flow and Microreactor Synthesis(ICAMS-1)
フロー・マイクロ合成国際会議 2018年1月18日 大阪

Hiroshi Ikeda, Atsushi Yamamoto, Yasunori Matsui, Toshio Asada,
Motoki Kumeda, Kimiya Taniguchi, Kenichiro Takagi, Yu Suenaga, Kunihiko Nagae,
Eisuke Ohta, Hiroyasu Sato, Shiro Koseki, and Hiroyoshi Naito

 

ICCMSE2018 2018年3月16日 Met Hotel, Thessaloniki, Greece  (招待)

Computational Approach to Molecular Design using Free Energy Contribution Analysis
Toshio Asada

 

・日本化学会第98春季年会2018 2018年3月20日 船橋

[5]および[7]ヘリセン構造を有する六重ヘリセンに関する合成、および理論化学的考察

細川 朋佳・麻田 俊雄・津留崎 陽大・神川 憲

 

・第21回理論化学討論会 2018年5月15日 岡崎

OLEDに用いられる遅延蛍光過程の理論解析の試み

小関史朗、麻田 俊雄,藤村 勇一,菅野 学,河野 裕彦

 

・16-th ICQC 2018年6月18日 le Palais de l’Europe, Menton, France

Free Energy Contribution Analysis using Charge and Atomic Dipole Response Kernels : Insights into Molecular Design
Toshio Asada, Shiro Koseki


・Photoinduced Processes in Embedded Systems 2018
 2018年6月24日 University of Pisa, Pisa, Italy

Computational approach to evaluate hole mobility in the amorphous phase of organic molecule
Toshio Asada, Shiro Koseki

・第12回分子科学討論会2018 2018年9月11日 福岡国際会議場、福岡

クラス C β-ラクタマーゼとセファロチンとの複合体における脱アシル化反応の反応経路最適化に関する理論的研究

澤田望実、麻田俊雄、小関史朗

・第12回分子科学討論会2018 2018年9月12日 福岡国際会議場、福岡

分子シミュレーションから得られるアモルファス構造における電荷移動度の新規計算手法

麻田俊雄、小関史朗

・第12回分子科学討論会2018 2018年9月13日 福岡国際会議場、福岡

遅延蛍光過程に対する幾何学的構造の効果に関する理論研究

小関 史朗,麻田 俊雄,藤村 勇一,島倉 紀之,菅野 学,河野 裕彦,松下 武司

・14th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience(KJFP-2018) 2018年10月25日 光州科学技術院, 韓国(招待)

Microflow Photosynthesis and Organic Semiconductor Characteristics of Tetrathienonaphthalene
Kimiya Taniguchi, Yasunori Matsui, Toshio Asada, Motoki Kumeda, Atsushi Yamamoto, Kenichiro Takagi, Yu Suenaga, Kunihiko Nagae, Eisuke Ohta, Shiro Koseki, 
Hiroyoshi Naito, and Hiroshi Ikeda

・ICPAC LANGKAWI 2018 2018年10月31日 Langkawi, Malaysia (招待)

Free energy contribution analysis of environmental effects on reaction free energy profiles
Toshio Asada

・第22回理論化学討論会 2019年5月27日 札幌

NEB法を用いた電子的励起状態における反応経路の探索

小関 史朗、澤田 望実、治田 守、麻田 俊雄

 

・第22回理論化学討論会 2019年5月28日 札幌

アモルファス相におけるホール移動度の算出法の開発と機械学習への展開

麻田 俊雄、小関 史朗

 

・第22回理論化学討論会 2019年5月28日 札幌

フリーエンドアルゴリズムの改良による遷移状態の効率的な探索手法の開発

治田 守、麻田 俊雄、小関史朗

・第152回微小光学研究会 2019年6月14日 東京 (招待)
計算機シミュレーションと機械学習による高効率有機ホール輸送材料の設計
麻田 俊雄

・ICPAC Yangon 2019 2019年8月6日 Yangon, Myanmer (招待)

Theoretical study for molecular design of organic molecule with high hole mobility
in amorphous phase assisted by machine learning technique
Toshio Asada